スポーツレクリエーション&ソフトボールトライアウト選手権開催

 コロナ禍の中、中央地区施設利用者交流ソフトボール大会が2年連続中止となり、保護者参加のスポーツレクリエーション大会も昨年度は中止となりました。どうにか利用者の要望に応えようと職員一同徹夜で考えた結果、ソフトボール大会はトライアウト選手権へとスポーツレクリエーションは保護者不参加とし、園内のみの利用者・職員で開催する運びとなりました。スポ・レクは6月24日(木)、ソフトボール大会は7月1日(木)にナイスアリーナ屋根付きグランドを貸し切って行われました。スポ・レクは、蜜を避けるため利用者を午前・午後に分け、牛乳パック積みレース・的当てPK・仮装聖火リレーの3種目を、精一杯身体で表現してきました。トライアウト選手権は、午前のソフトボール投げ・3打席勝負のバッティングに加え、午後は、西目のアクアでマシンバッティング・ストラックアウトを行い、日頃の練習の成果を十二分に発揮してきました。どちらの行事とも利用者・職員ともに怪我無く、次年度は、これまで通りに開催できることを祈りつつ終えることができました。

2021年07月06日